ホーム |  ログイン
 

YVES DE MEY : Late-Night Patching 1

カートに入れる:

1,944円

  • フォーマット: CD [SDRSW12]
  • 重量: 0.1kg
  • レーベル: Slowdown Records

絶賛発売中




□作品概要:
Yves De Mey による電子音の舞踏的横溢に、宇宙的な無限のスケール感覚に、イマジネティブな音響空間に、なにより圧倒的な電子音の 快楽に、全身で浸っていただきたい。ベルギーから発信された最尖端音楽/音響が、いま、ここに、生々しく息づいている。最高の電子 音楽体験をお約束する。
CD リリースは日本盤が初。むろん単なる CD 化ではない。ボーナストラック “Feed back Slak” が追加され、アートワークも新ディレクショ ンが施されたスペシャル・エディションである。オリジナル盤を入手されたマニアの方も十分に満足できる仕上がりといえよう。


□アーティストプロフィール:
2009 年に〈LINE〉から『Lichtung』、2011 年に〈SANDWELL DISTRICT〉から『Counting Triggers』、2013 年に〈ARCHIVES INTERIEURES〉か ら『Frisson』、〈OPAL TAPES〉か ら『Metric』、〈Modal Analsis〉か ら『Transfer EP』、2014 年 に〈Semantica〉から『Double Slit』などの秀作を発表し、着実にキャリアを積んできたアーティストでもある。さらに Peter Von Hoessen の盟友でもあり、ユニット Sendai としても活動中だ。こちらも〈Time to Express〉、〈Archives Interieures〉〈Stroboscopic Artefacts〉、〈Konstrukt〉などの錚々たるレーベルから作品をリリースした。
そんな彼の評価を決定付けたアルバムは、〈Editions Mego〉傘下〈Spectrum Spools〉から 2016 年初頭にリリースされたサード・アル バム『Dawn With Shadow Pens』であろう。モノラル/即興で録音されたという『Dawn With Shadow Pens』は、廃墟の世界に鳴る ノイズ哀歌、もしくは錆びた鉄の花のごとき、メタ・マテリアルな音響作品であった。美しく、哀しく、しかし、即物的でノイジーな音響空間は。 先端音楽マニアたちを耳と心を大いに惹きつけた。


〈トラックリスト〉
『LATE-NIGHT PATCHING 1』
1. Eight Steps of Karplus
2. White Noise Spring
3. Feedback Slack*
4. And now the movie 5. WCBW


この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


 | ホーム |