LUIGI NONO : Polifonica-Monodia-Ritmica / Canti Per 13 / Cancion

  • フォーマット: CD [WER6631]
  • 重量: 0.1kg
  • レーベル: Wergo

2,200円

売り切れ
「一貫したコミュニスト、ノーノ作品集
進まなければならない、夢見ながら 他

ルイジ・ノーノは、芸術家の家系に生まれましたが、イタリア共産党の党員としてユートピアを求めて活動し、階級闘争を繰り広げている人々の怒号を思わせる表現や、ゲルニカや広島などを題材とした作品など、常に社会的なメッセージを作品に込めることを意識していました。電子音楽、セリー音楽の主導的存在でもあります。
「進まなければならない、夢見ながら」は、ノーノがトレントの修道院の壁画に描かれていた言葉に感銘を受けて書かれたもの。彼の遺作となった3つの作品群の最後となるものです。非常なら静けさの中、時折噴出するメロディー的なものへの郷愁が聴かれます。最後は果てしなく続く静けさの中へと帰結します。」

試聴は、こちらで。

Tracklist
1 Polifonica-Monodia-Ritmica 9:59
Conductor ? Peter Hirsch
Engineer ? Ekkehard Stoffregen
Ensemble ? Ensemble UnitedBerlin
2 Canti Per 13 10:55
Conductor ? Peter Hirsch
Engineer ? Ekkehard Stoffregen
Ensemble ? Ensemble UnitedBerlin
3 Canciones A Guiomar 9:54
Choir ? United Voices
Conductor ? Peter Hirsch
Engineer ? Ekkehard Stoffregen
Ensemble ? Ensemble UnitedBerlin
Soprano Vocals ? Angelika Luz
Text By ? Antonio Machado
- "Hay Que Caminar" Sonando 26:43
4 Erster Teil 6:15
Engineer ? Manfred Hock
Violin ? Andreas Brautigam, Stephan Kalbe
5 Zweiter Teil 9:46
Engineer ? Manfred Hock
Violin ? Andreas Brautigam, Stephan Kalbe
6 Dritter Teil 10:40
Engineer ? Manfred Hock
Violin ? Andreas Brautigam, Stephan Kalbe

Credits
Artwork ? Knut Muller
Composed By ? Luigi Nono
Mastered By ? Ricarda Molder
Producer ? Martin Demmler
Recorded By ? Wolfgang Hoff

Notes
"Polifonica-Monodia-Ritmica" for 6 instruments and percussion, composed in 1951.
"Canti Per 13" for 13 instruments, composed in 1955.
"Canciones A Guiomar" for soprano solo, 12-voices female chorus and instruments, composed in 1962-63.
"'Hay Que Caminar' Sonando" for 2 violins, composed in 1989 (his last composition).

Copyright © 2022 parallax records