MIROQUE : Botanical Sunset

  • フォーマット: Tape [?]
  • 重量: 0.1kg
  • レーベル: Slow Editions

1,800円

カートに追加:
cacha*maiレーベルを主宰する女性エレクトロニカ・アーティストMiroqueの2001年名作がカセットテープで再発!!
海へのオマージュとして作られた作品で、南洋の魚やクラゲ、海藻、泡、光ほかいろんなものを連想させてくれるミロクらしいとってもユーモラスでほのぼのしたサウンドです。
女性らしいふわふわぷくぷくしたほのぼのエレクトロニカ・サウンド。
まだの人はぜひ。

「2001年に日本の360°recordからCDリリースされた、電子音楽家、作曲家、ピアニストMiroqueによる名盤『Botanical Sunset』が、トロント拠点のアートパブリッシャーSlow Editionsより、20年ぶりにジャケットを一新してカセットで再発されます。
『Botanical Sunset』では、Miroque独特の魅惑的なコンポジションと、浮かんでは消えていくカラフルなサウンドがシン セサイザーによって紡ぎ出され、幻想的で煌めく世界が浮かび上がります。遊びがありつつも芯のあるメロディー、流れ る水のようなテクスチャー、表情豊かなリズムが、アルバム全体を通して美しい音風景を丹念に作り上げています。
2001年リリース当時、各方面で絶賛を浴びた本作は、80年代環境音楽と現行アンビエントシーン(例えば、吉村弘『 Green』、細野晴臣『Mercuric Dance』からGreen-house『Music for living spaces』)の間にある重要な電子音楽作品と して、今こそ新しい耳と解釈で聴かれるべきアルバムです。

アート、デザイン:Eunice Luk、Alicia Nauta
企画:Masahiro Takahashi
オリジナル盤リリース日:2001年3月1日 (360°レコード)
オリジナル盤選曲:虹釜太郎 (360°レコード)
オリジナル盤マスタリング:永田一直」


「細野晴臣、フアナ・モリーナも絶賛!!
06年9月から公開予定の映画『ストロベリーショートケイクス』でも劇中音楽を全て担当したミロクの名盤が再発!
女性音楽家ミロクの1stアルバム『ボタニカル・サンセット』。
ボディボードで水と遊んできた経験が随所にいかされている(?)エレクトロニカ作品を国内、海外で多数作曲、発表、ライブパフォーマンスしてきたミロク。
女の子エレクトロニカシーンでもひときわ異彩を放つ、心地よい電子音と色彩感が美しいこの作品は、細野晴臣、SND、フランスのエレクトロニカレーベルACTIVESUSPENSION勢、日本のmas(flyrec)など国内、海外から高い支持を受けています。
彼女の音楽の魅力と源泉がもっとも凝縮された1枚となっています!」



Tracklist
A1 Harushion Sky Ocean 4:49
A2 The Morning Calm 7:42
A3 Kaimen Orgoal 3:45
A4 Sky Drop Of Water 4:12
A5 Magical Jellyfish 2:47
A6 Twinkle Snail Fish 6:25
A7 Star Shell Star Cloud 3:35
B1 Hifi Wave Bell 3:14
B2 Purision Coast 5:56
B3 Botanical Sunset Paradise 4:49
B4 Joywind 2:39
B5 The Lurar Surface Town 3:17
B6 Swirl Pulsation 4:15
B7 Japonica Line 5:44
B8 Sky Cradle 4:20

Credits
Artwork, Design – Alicia Nauta, Eunice Luk
Compiled By [Originally] – Taro Nijikama
Mastered By [Originally] – Kazunao Nagata
Reissue Producer [Reissue Supervised] – Masahiro Takahashi
Written-By [All Melody And Sound] – Miroque

Notes
Originally released as Miroque - Botanical Sunset by 360° Records, Japan in 2001.
Published in Toronto, 2021.

Copyright © 2022 parallax records