HELMUT LACHENMANN : Accanto, Consolation I, Kontrakadenz

  • フォーマット: CD [WER6738]
  • 重量: 0.1kg
  • レーベル: Wergo

2,200円

カートに追加:
”ラッヘンマンの音楽は、いわゆる「普通の音」はありません。ありとあらゆる新しい奏法を使ってオーケストラから聴いたことのないような音を引き出します。クラリネット協奏曲である『アッカント』ではクラリネットが終始特殊奏法を繰り出し、人間の想像力・創造力の可能性を見せつけてくれます。そしてモーツァルトのクラリネット協奏曲がフラッシュバック的に登場、脳みそに衝撃を与えます。『コントアカデンツ』のオーケストラ書法も「これぞラッヘンマン節」で、水面をサッとなでるような音や草木が風にざわめくような音、小さな光が一瞬はじけるような破裂音など、不思議なノイズ的サウンドで満たされており、現代オーケストレーション技法の見本市と言える世界が楽しめます。”

試聴は、こちらで。

Tracklist
1 Accanto (Music For A Clarinetist With Orchestra (1975/76)) 26:57
Clarinet ? Eduard Brunner
Conductor ? Hans Zender
Performer ? Sinfonieorchester Des Saarlandischen Rundfunks
2 Consolation I (For 12 Voices And 4 Percussionists (1967)) 8:55
Drums ? Arno Arndt, Hermann Gschwendtner, Michael Ranta, Siegfried Fink
Performer ? Schola Cantorum Stuttgart
3 Kontrakadenz (For Large-Scale Orchestra (1970/71)) 18:45
Conductor ? Michael Gielen
Performer ? Radio-Sinfonieorchester Stuttgart

Credits
Artwork By ? Karl Bohrmann
Composed By ? Helmut Lachenmann

Notes
1 recorded 29th May 1976 at Saarlandisches Rundfunk.
2 recorded 30th January 1968 at Sudwestfunk Baden-Baden.
3 recorded 23rd April 1971 at Suddeutsches Rundfunk Stuttgart.

Copyright © 2020 parallax records