LADISLAV KUBIK : Vocal Music

  • フォーマット: CD [NEOS11703]
  • 重量: 0.1kg
  • レーベル: Neos

2,424円

カートに追加:
'46年プラハ生まれのチェコの作曲家で、'93年プラハ国際フランツ・カフカ作曲コンクールに入賞したというLadislav Kubikのボーカルミュージック。
日本の俳句やパステルナーク、カフカの詩をつかった古典的なナイスな雰囲気出してます。

「クービックはチェコ出身で後にアメリカに帰化した作曲家。このディスクは彼の主要な声楽入りの室内楽を収録した。「24の俳句」は松尾芭蕉、小林一茶、夏目漱石、与謝蕪村、正岡子規ら日本の俳人、作家の俳句(英訳)に曲を付けたおよそ30分近くかかる大作。作曲者は俳句の構造を生かした精妙なミクロコスモスを作っている。日本の俳句が後期ロマン派か表現主義の歌曲のように変身するのは驚き。「ゴング」は小説「ドクトル・ジバゴ」で知られるパステルナークの詩による歌曲で電子音を加えて元の詩の世界から大きく飛躍する。カフカの詩による「春の川」はシュプレッヒシュティンメ(語り歌い)と打楽器の多用な音色を駆使しカフカ独自の幻想的な世界を描き出している。」

試聴は、こちらで。



24 Haiku (2016) for mezzo-soprano and piano, on Japanese poems 27:14

[01] 1. 00:53
[02] 2. 00:49
[03] 3. 01:05
[04] 4. 00:49
[05] 5. 01:06
[06] 6. 00:59
[07] 7. 01:55
[08] 8. 01:18
[09] 9. 00:55
[10] 10. 00:58
[11] 11. 01:06
[12] 12. 01:18
[13] 13. 00:42
[14] 14. 01:23
[15] 15. 00:59
[16] 16. 00:53
[17] 17. 01:03
[18] 18. 01:30
[19] 19. 00:54
[20] 20. 01:06
[21] 21. 01:16
[22] 22. 01:09
[23] 23. 00:34
[24] 24. 02:34

[25] Magdalene (2012) for mezzo-soprano and piano, on a poem by Boris Pasternak 07:03

[26] Gong (2016) for mezzo-soprano, alto flute, piano, and electronics (fixed media), on a poem by Rainer Maria Rilke 06:37

To Be a Poet (2016) for mezzo-soprano and viola, on Czech and Slovak poetry 15:48

[27] I. Words (Ji?i ?a?ek) 03:34
[28] II. Quietly (Milan Rufus) 03:17
[29] III. To Be a Poet (Jaroslav Seifert) 06:09
[30] IV. Song (Miroslav Florian) 02:48

[31] River in Spring (1996) 12:46
total playing time: 69:47

Phyllis Pancella mezzo-soprano
Hui-Ting Yang piano
Hana Bro?ova alto flute
Jitka Hosprova viola
Florida State University Percussion Ensemble
Alexander Jimenez conductor

Copyright © 2021 parallax records