loose POP UP STORE

STEVE REICH : Music for 18 musicians / Colin Currie Group, Synergy Vocal

  • フォーマット: CD [CCR0006]
  • 重量: 0.1kg
  • レーベル: Colin Currie

2,580円

売り切れ
ライヒが認めるパーカッショニスト、コリン・カリーのグループによるライヒの「18人の音楽家のための音楽」。
説明入りませんね。
今までの「18人の音楽家のための音楽」よりちょっとおしゃれになってます。
超オススメ!!
まだの人はぜひ!
ミニマルミュージックの定番中の定番です。
SACD Hybrid

★ライヒが認めるパーカッショニスト、コリン・カリー。カリーが、自身結成したコリン・カリー・グループを率いて、ライヒの≪18人の音楽家のための音楽≫を録音しました。ビートルズで有名なアビイ・ロード・スタジオでの録音です。2006年、ライヒの≪ドラミング≫を演奏するために結成されたのがこのコリン・カリー・グループ。ライヒも認めるその正確さとグルーヴ感はますます研ぎ澄まされています。2023年4月には、来日してこの≪18人の音楽家のための音楽≫ほかを披露する予定。少しずつ変容しながら繰り返され重なり合い、シンクロし、またずれてゆくリズムが織りなす、”鮮烈な”トランス状態をぜひ、実感してください!
≪コリン・カリー≫1976年エディンバラ生まれ。2000年ロイヤル・フィルハーモニック・ソサエティ・ヤングアーティスト賞、2005年ボルレッティ=ブイトーニ・トラスト賞受賞。圧倒的なパーカッショニズムで世界を魅了する存在。ソリストとしてコンセルトヘボウ管、フィラデルフィア管、ロサンゼルス・フィル、ロンドン響、フィルハーモニア管などとの共演多数のほか、リサイタルや室内楽でも活躍。ライヒ、カーター、アンドリーセン、マクミラン、ラウタヴァーラ、アホ、ターネイジらの作品の初演を手がている。



Tracklist
- Music For 18 Musicians (1:03:54)
1 Pulses 5:10
2 Section I 4:30
3 Section II 5:15
4 Section IIIA 5:00
5 Section IIIB 4:00
6 Section IV 4:50
7 Section V 5:36
8 Section VI 5:29
9 Section VII 4:31
10 Section VIII 4:07
11 Section IX 4:53
12 Section X 1:26
13 Section XI 4:25
14 Pulses II 4:42

Credits
Artwork – David Millinger
Cello – Robin Michael
Clarinet, Bass Clarinet – Emma Burgess, Timothy Lines
Composed By – Steve Reich
Engineer, Mixed By, Mastered By – Daniel Halford
Ensemble – Colin Currie Group, Synergy Vocals
Executive Producer – Maebh Lehane
Executive Producer, Cover, Photography By – Andy Doe
Mastered By [SACD Mastering] – Jonathan Stokes
Music Director, Percussion, Co-producer – Colin Currie
Music Director, Vocals, Co-producer – Micaela Haslam
Percussion – Adrian Spillett, Owen Gunnell, Sam Walton
Percussion, Piano – Catherine Ring, Richard Benjafield
Piano – Philip Moore, Siwan Rhys
Piano, Percussion – Dave Maric, James Young
Producer, Mixed By, Mastered By – Ian Dearden
Technician [Piano] – John Elliott
Violin – Jonathan Morton
Vocals – Amanda Morrison, Heather Cairncross
Vocals, Piano – Caroline Jaya-Ratnam

Copyright © 2024 parallax records