EVERYTHING BUT THE GIRL : Fuse [Deluxe/CD+BluRay audio]

  • フォーマット: CD + Blu-Ray audio [033-4833]
  • 重量: 0.12kg
  • レーベル: Virgin

2,980円

売り切れ
ベン・ワットとトレイシー・ソーンのエヴリシング・バット・ザ・ガールの24年ぶりのスタジオ・アルバム!!
ゆったりしたグランドビート的なリズムとダブステップな音響処理。
ブリティッシュなサウンドしてます。
全然アヴァンギャルドじゃないですけどオススメですよ。
なんと通常のCDとDolby Atmosのハイレゾ音源blu-Rayの2枚組!!

「★エヴリシング・バット・ザ・ガール、24年ぶりのスタジオ・アルバム!
■1982年結成、これまでに10枚のアルバムをリリース。1999年のアルバム『Temperamental』を最後に活動を停止してから約24年、11枚目となるオリジナル・アルバムが完成!
■家庭を守りながらそれぞれソロ・アーティストとしても活動し、ベンは自身のレーベルBuzzin’ Flyでハウス/エレクトロニカを追及し、レーベル・オーナーとしても成功する中、2021年の春から夏にかけて制作。
■バンドが90年代半ばに初めて開拓した艶やかなエレクトロニック・ソウルを現代的にアレンジ!
■サブ・ベース、シャープなビート、ハーフライトのシンセ、空虚な空間からなるワットのきらめくサウンドスケープの中で、ソーンの印象的で豊かな質感の声が再び前面に出ており、これまで同様、現代的、同時代的なサウンドでありながらエイジレスなバンドのサウンド!
■DISC 2はDolby Atmosのハイレゾ音源」



Tracklist
[DISC 1: CD]
1. Nothing Left To Lose
2. Run a Red Light
3. Caution to the Wind
4. When You Mess Up
5. Time and Time Again
6. No One Knows We’re Dancing
7. Lost
8. Forever
9. Interior Space
10. Karaoke

[DISC 2: BluRay audio/Dolby Atmos]
1. Nothing Left To Lose
2. Run a Red Light
3. Caution to the Wind
4. When You Mess Up
5. Time and Time Again
6. No One Knows We’re Dancing
7. Lost
8. Forever
9. Interior Space
10. Karaoke

Credits
Artwork – Iwantdesign.co.uk, John Gilsenan
Drum Programming, Programmed By [Sound Programming], Piano, Synthesizer, Electric Guitar, Backing Vocals – Ben Watt
Lead Vocals, Backing Vocals – Tracey Thorn
Mastered By – Miles Showell
Producer, Arranged By – Everything But The Girl
Recorded By, Mixed By – Bruno Ellingham

言語

Japanese  English  
Copyright © 2024 parallax records