loose POP UP STORE

LOUIS SCLAVIS QUINTET : Rouge

  • フォーマット: Tape [511-9294]
  • 重量: 0.08kg
  • レーベル: ECM

2,540円

カートに追加:
ルイス・スクラヴィスの'92年の超名盤!!
ちょいほのぼのなところもあるフレンチジャズ。
カセットテープでのリリースです。
お見逃しなく!

「★クラリネット奏者/サクソフォン奏者、ルイス・スクラヴィスの1991年録音のECMデビュー・アルバム。
■ジャズと室内楽の交差点に新鮮なものを生み出すアイディアに溢れている作品で本作に収録されたコンポジションとアレンジは、思いもよらない展開で聴く者をハラハラさせる。このアルバムで、高度に統制されたバンドのフロントでインスピレーションに満ちたやりとりを披露したスクラヴィスと優れたヴァイオリニスト、ドミニク・ピファレリは、ヨーロッパの即興演奏シーンで最も独創的な声の持ち主として、その地位を確立した。
【パーソネル】Louis Sclavis(cl, ss) Dominique Pifarély(vln) Bruno Chevillon (b) François Raulin (p, synth) Christian Ville (ds)」

Tracklist
A1 One 2:35
Written-By – Dominique Pifarely, Louis Sclavis
A2 Nacht 8:04
Written-By – Louis Sclavis
A3 Kali La Nuit 5:20
Written-By – François Raulin
A4 Reflet 3:05
Written-By – Louis Sclavis
A5 Reeves 7:03
Written-By – François Raulin
B1 Les Bouteilles 7:52
Written-By – Louis Sclavis
B2 Moment Donné 4:16
Written-By – Dominique Pifarely
B3 Face Nord 10:33
Written-By – Louis Sclavis
B4 Rouge/Pourquoi Une Valse 6:39
Written-by [Pourquoi Une Valse] – François Raulin
Written-by [Rouge, Pourquoi Une Valse] – Louis Sclavis
B5 Yes Love 5:57
Written-By – Louis Sclavis

Credits
Bass – Bruno Chevillon
Clarinet, Soprano Saxophone – Louis Sclavis
Design [Cover] – Barbara Wojirsch
Drums – Christian Ville
Engineer – Jan Erik Kongshaug
Photography By – Guy Le Querrec, Magnum Photos
Piano, Synthesizer – François Raulin
Producer – Manfred Eicher
Violin – Dominique Pifarely

Notes
Recorded September 1991
Rainbow Studio, Oslo

Copyright © 2024 parallax records