MAŁGORZATA SARBAK : Paweł Szymański - Dissociative Counterpoint Disorder

  • フォーマット: CD [DUX1332]
  • 重量: 0.08kg
  • レーベル: Dux

1,980円

売り切れ
'54年生まれのポーランドの作曲家Paweł Szymańskiのハープシコードのための曲。
「シマヌスキーの音楽は厳格な技術的規律に基づいている。過去の音楽(とくにバロック音楽)のしきたりに根ざしたものを最初の音の素材として、そこから加工して、一から作り直す。シマヌスキ自身は自分の音楽について、「surkonwencjonalizm(超慣例主義)」という必要条件を使っていると話している。」というように形式を重視しながらも新たなものをつくるというこだわり。
「シマヌスキーの音楽の目的は、抽象芸術の形の中に象徴的な存在を作り出すことです」と評論家/アニメーターのアンドリュー・クロペツキは述べています。
「Lux aeterna」も美しく素晴らしい作品でしたが、このハープシコードもオススメですよ。






1 Dissociative Counterpoint Disorder 9:57
2 Through The Looking-Glass... III 9:04
Les Poiriers En Pologne Ou Une Suite De Pieces, Sentimentales De Clavecin Faite Par Mr Szymański
3 La Connaissance Des Poiriers Ou Prélude 1:25
4 François Ou Allemande 5:02
5 Erika Ou Courante 2:23
6 Raspail-Ay ...01 Ou Gavotte 1:21
7 Haut Coustias ...98 Ou Sarabande 3:27
8 Louise Ou Rondeau (Doucement) 2:14
9 Jacques ou Canaries 2:22
10 La Biere de Zwierzyniec Ou Menuet Polonais 1:02
11 Le Départ Des Poiriers Ou Chaconne Ancienne 3:10
12 Partita III 15:11

Credits
Conductor – Zsolt Nagy
Cover – Wojciech Zamecznik
Harpsichord – Małgorzata Sarbak (tracks: 1, 3-11)
Harpsichord [five-pedal Neupert] – Małgorzata Sarbak (tracks: 2, 12)
Instruments [conservation and tuning] – Jacek Guzowski
Liner Notes – Alan Lockwood
Mastered By – Ewa Guziołek-Tubelewicz
Mixed By, Recorded By – Ewa Guziołek-Tubelewicz, Joanna Popowicz
Orchestra – The Janáček Philharmonic Orchestra (tracks: 12)
Photography By – Tomasz Dubiel
Producer – Michał Mendyk
Recorded By, Mixed By – Jan Košulič (tracks: 12)
Translated By – Mikołaj Gliński

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

Copyright © 2022 parallax records